池袋(英:Pond Bag)のライブでは結局BOSS RC-3をリアルタイムにループを作成することが失敗しました。踏み方が練習不足のせいだ。しかし役に立たなかった訳にはないんだ。一つはIsn’t She Lovelyを演奏した時にSHUFFLEのリズム(R06)がバキングとして助かった。ソロの時はきついけど、ワウも使っていてさらにリズム間を改善。実際にソロしたりii-V7コードを弾いたりするパタンでギリギリ出来た。全曲に変わらない打ち込みリズムを使うのはつまらないから次の曲、「初めてのチュー」はBALLADとしてドラムなしで弾いた。これには先週に手に入れたMESA/BOOGIE F-50の良さがはっきり聞こえてきた。自分の6畳部屋に比べライブの現場で音が全然違う。

その次の曲にRC-3を使うつもりだった。先ほど練習した時に録音したループが再生しただけ。生演奏からリアルタイムにループを構成したかったがこれは相手にとしては間違えに聴こえないはずだからよかった。最後の曲は「SATISFACTION」、RC-3に使わずギターのカッティングに頼ってリズムが出来た。さらにMESA/BOOGIEのクランチサウンドを始めてチューされてECSTACYだった。残念ながらアンプを終電で運べないのでお店に預かってもらった。またすぐ使いたいけど週末に取りに行けるまで待つしかない。その間はTUBEMANを使えるけど早く繋ぎたい。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中