STEEL BLOCK

CALLAHAM TREMOLO BLOCKが届き、17歳から持ってるG&L LEGACYをさらに改良しました。シングルノートを弾く音がとそんなに変わらないけどコードを弾いたらサステーンと音量が増えたこと気づいていたんだ。特にコードの中に各ノートがよりもはっきりして聞こえてきた。一方、それとともに高音が強くなった。そういうのはずいぶん求めていたが最近ピックアップをCERAMIC MAGNETに交換したのでちょっと濃すぎる感じ。だからまたネックとミドルにALNICO IIIを交換してブリッジはALNICO V。そして昨日はベンくんの内で実際に試してみた。DAVID GILMOURのシグナチャー弦を買う機会はなかったから普通のGHS BOOMERS(10.5-48)を張り付いてすぐ録音した。曲はSATISFACTION。よりも良いトーンで久しぶりにROLLING STONESの曲を弾いて楽しかった。

広告

3rd GIG@BUNGA

先週の金曜日はまた荻窪に再演奏しました。WORLD CUPのため、サッカーの制服を着てちょっと派手にした。(笑)今回はDREAMIN’ YOKOの000000バンドのリーダ、細井トシくんも参加してFLUTEのソローを貢献した。それとも、女性の歌手3人も歌を歌ってOPEN MIC NIGHTみたいなイベントになった。久しぶりにKILLING ME SOFTLYをやって思い出さなきゃならなかった!

それ以外は演奏がこの間とほとんど同じ、順調だった。友達がゲストヴォカルとしてHEY JOEを歌うつもりだったが彼が間に合わなかったから僕が歌ってしまった。残念ながらギターをTHOMASTIK FLATWOUNDに張り付いて、音はあまり向いてなかった。そしてKORG PX4のシンセを使う時、サステーンがちょっと足りなかった。それに補うため、BARBER TONE PRESSのSUSTAINをマックスにしたがライブ環境でTRACKINGがうまくいかなかった。また、お店においてあるROLAND CUBEを使って音がちょっと不満。やはり、お店にFENDER TWINがないと自分のアンプを持って行くべきだ。その一方、最近BUDDA WAHとECHO PARKを少し慣れたので今回は結構ワウとディレイーに頼りました。

ライブが終わってから友達に東中野駅に近くTHELONIOUSというお店にALL NIGHT FUNK SESSIONに誘われた。途中に荻窪駅に僕の友達REMYとHARVEYというジャズヴォカリストとお連れに偶然にあった。HARVEYさんのことは初めて出会ったなのにTHELONIUSまで一緒に行った。自分のライブはなんか不満で落ち込んだけどTHELONIUSでALWAYS THEREを弾いて楽しかった。HARVEY先生がAUTUMN LEAVES、ALL OF ME、JUST THE TWO OF USを歌って感度しました。そして僕と一緒にSONG FOR MY FATHERをやってその曲の歌詞を初めて聴いたんだ。FATHER’S DAYのため、親人に演奏しようかな。

今度はG&L LEGACYを使うかな。あのギターをさらい改良したいと考えて、CALLAHAM TREM BLOCKを注文した。その結果はギターが最も響いて、サステーンと高音が増えると言われるので楽しみにだ。また、新しいケースを中古で見つかれました。※(「中古」といって「新しい」とも言えないわけ?)