Mo’ (non) Intros

今日の練習は「AIREGIN」、「FLY ME TO THE MOON」を弾いていて、イントロは特別に思いついてなかった。でもそういう時は普通なんです。有名なイントロがある曲といって「TAKE THE A-TRAIN」、「ALL THE  THINGS YOU ARE」、「IF I WERE A BELL」、「ROUND MIDNIGHT]または「CONFIRMATION」が僕が知ってるさえも、ほとんどのジャズミュージシャンが知ってるはずですけどね。この曲に対してはイントロはもう決まってるということで「助かるなぁ」って感じだ。

実はAIREGINのイントロにちょっとオリジナルアイディアを今日思いついた。それはNEW REAL BOOKの譜面に書いてあるイントロのベースラインを使い、|Fm9-C#m9|もラテンGROOVEで弾いた。そのC#m9が従来なコード進行にどんな関係があるかといったら僕にとってはC7#9が隣のテンションコード(英:PASSING CHORD)。それでMELODYが入る手前、FmのドミナントC7#9を弾く。JOHN MCLAUGHLINの「EXTRAPOLATION]というアルバムから習ったコード進行なんだ。

そしてイントロが全くなしの曲もある。またはその曲のMELODYをルバトで弾いく手もあってそのままイントロとなる。今日はFLY ME TO THE MOONと最近弾きまくりAUTUMN LEAVESをこのようにする。また、最近習った曲「YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC」などがバラドでMELODYがこんなに強い主題(英:STATEMENT)だからイントロが入らないと思います。ただ、カウントして行こう見たいな感じです。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中