ホワイトラビット

70年代の名作WHITE RABBITを再生しながらジョージベンソンがこのアルバムに対したコメントの意味が分かった。ベンソンがこう言った:「自分のアルバムなのに僕が楽団員みたい。」もし本人との出会いがあったら、そのコメントはWHITE RABBITについての話かと聞くと思う。

それにもこのアルバムはグラミー賞をとったのはすごい気になる。ベンソンのアルバムの中、これが微妙の方。(80年代のポップス以外としてはね。) アレンジーが特別じゃないし、ミックスと曲が良くない。そして楽器も調和してないみたい。まるでプロデユーサーがあとでベンソンがオーバーダビング(多重録音)してもらってソロを弾きっぱなし。だからベンソンよりも感度するギター演奏がフラメンコスタイルのセッションギタリストー。もちろんベンソンはベンソンとしてソロがうまいけど、最も感度したソロは他のアルバムで沢山。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中